ブログ

人がSNSをする理由とは?使う目的や用途をまとめてみた

わしくん
わしくん
どうも!わしくんです!

皆さんは「人はSNSをなぜ利用するのか?」を考えたことはありますか?

SNSをしない人がしている人を見ると「なんのために?」「どういう目的で?」といったなぞが出てきますよね…

そこで、今回は「人がSNSをする理由とは?」について話していきたいと思います!

SNSとは?

SNSとは「Social Networking Service(ソーシャルネットワーキングサービス)」の略です!

ソーシャルが「社会的な」、ネットワーキングが「つながり」という意味であり、つまりは「社会的なつながり」を提供するサービスという意味です!

目的別で使うSNSの種類

SNSには大きく分けて4種類あります。

【交流系SNS】ユーザー同士の情報共有や情報交換が目的

・Twitter

・Facebook

・CTime

【メッセージ系SNS】ユーザー同士でメッセージでのやりとりが目的

・LINE

・Skype

・ChatWork

【動画系SNS】動画を介してユーザー同士がそこで交流を図ることが目的

・YouTube

・BuzzVideo

【写真系SNS】写真を投稿してコミュニケーションを図ることが目的

・Instagram

・Pinterest

SNSをする理由

みなさんがSNSをする理由はどういったものでしょうか?

理由は人それぞれで、ビジネス目的の人もいれば、自分のための日記帳、相手へのアピールポイントなど様々な用途があります。

そこで、今回は4つの主な目的を紹介していきます。

SNSを使うのが楽しい

「SNSを使うのが楽しいから」という意見があります。

SNSをしていれば、昔の友達やこれからの友達、自分の狙っている人へ向けて自由に発信できますし、メッセージ系SNSであれば連絡を取り合うこともできるので、純粋に楽しいですね!

実際に会って話すと緊張してしまう人も、これであれば本来の自分を見せられるので若者にはこの理由が多く見られます。

世間の流行を知って乗っていくため

「世間の流行を知って乗っていくため」という意見があります。

情報社会の世の中ではテレビの情報が遅い事もよくあり、逆にSNSで流行していることが流行となることも多いです。

その上、流行を知っていないと「社会でもし流行について話されたときに自分だけ浮いてしまうのがイヤだ」という理由でSNSを見るだけで利用している方も多いそうです。

連絡手段として使う

「連絡手段として使う」という意見があります。

先ほどメッセージ系SNSのお話をさせて頂きましたが、交流系SNSでも同じように個人的なやり取りをできるチャットのような機能があり、こちらも情報交換や連絡手段として重宝されることが多いです。

「震災が起きた時の安全確認」「会社に遅刻するとき」などでも使われる場面が増えてきました。

インコちゃん
インコちゃん
なんでもSNSじゃなくて、時と場合によって電話やメールなどを使い分けようね!

ビジネス(集客など)で使う

「ビジネスで使う」という意見があります。

ビジネスといってもSNS上では集客手段で、現実の世界では「チラシを配る」「張り紙を貼る」といった行為をしているのに近いですね!

また、自分という存在にファンを付けて商品を売る「インフルエンサー」系のビジネスも主流ですね!

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回は「人がSNSをする理由とは?」についてお話致しました。

自分は「ビジネス目的」「楽しむ目的」の両方でしておりSNSのすごさを日々実感しております!

最後までご覧いただきありがとうございました!