CTimeまとめ

SNS×SDGsの取り組み「SDGs部」がCTimeで発足!?

新たなSNSの「CTime」はSDGsを積極的に取り組んでおります。

CTime内では2019年9月に新しくSDGs部が発足され、活動が日々活発になっていっております。

今回は「SDGs部ってどんな活動?発足した経緯は?」ということに関してCTimeの生みの親である株式会社WCOの社長「山中陽太さん」に取材致しましたので、話していきたいと思います!

SDGsとは?

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html(外務省HP参照)

CTimeにあるSDGs部とは?

SDGs部はCTime内でSDGsを積極的に取り組み、応援する団体です。

毎日SDGsに関して部活動で議論をし、発信し続けた結果2019年9月20日には「サンリオピューランドSDGsプラットフォーム第1回全国大会」で50社の中から選出され、優秀賞を受賞されました!

下の画像は全国大会で優秀賞を受賞した時のものです。

 

山中陽太(CTime社長)さんの投稿より

2019年10月での部員数は「156名」が加入しており、SDGsを応援したいという方が増えていることを感じます。

SDGs部の入部方法は?

CTime内に上記のような画像のアカウントがあります。

このSDGs部公式アカウントをライク(フォロー)して入部申し込みをして、審査をした後日に相互ライクになりますのでそれでSDGs部に加入完了です。

活動内容は?

SDGs部に入部が完了すれば、下記の部活動の流れにそってSDGs関連の投稿を行っていきます!

部活動のの流れ
  1. 「#SDGs部クエスト一覧」で検索しクエストを確認する。
  2. 挑戦するクエストを選択する
  3. 選んだお題に回答する投稿をするとポイントゲット
  4. ポイントが一定数たまれば、バッジ(SDGs部特典)をゲット。

注意点もありますのでSDGs部公式アカウントの、プロフィールより見れる自己紹介の画面をよくご確認ください!

社長に聞いたCTimeでSDGs部を発足した経緯

わしくん
わしくん
なぜSDGs部を発足したのでしょうか?
CTime社長
CTime社長

SDGs部を発足した経緯としては

SNSがSDGsを浸透させる=インターネットで繋がることができる今の時代にSDGsもインターネットで繋がることができる」という考えがあります。

「インターネットで繋がることができる」の考えを元にCTimeの中にSDGs部を発足され場を提供してくださっています!

SDGsとCTimeの未来はどうなるの?

CTime社長
CTime社長

「皆がSDGsを意識せずとも意識できている」のが未来の目標であり、これがCTimeの未来の姿にも重なるところがあります。

「意識せずとも意識できている」を別の解釈で「大人も子供も年齢関係なく性別関係なく」
という意味でもあります。

SDGsはその未来への分かりやすい座標ということになります。

  • これから座標を手に入れるためにSDGs部がすべきととは?
  • これから座標を手に入れるためにCTimeがしていくこととは?

これらが1番理解するべき点であり、SDGs部の今後の活動の柱になるということです。

さいごに

最後まで読んでいただきありがとうございました!

SDGs部は発足されて1か月くらいで真面目に活動をしている人には特典もあるので入部するのは今がチャンスです!

CTimeが今後もよいものになっていくのに期待が大ですね!!

今回は気になったことをCTimeの社長さんに取材してみましたが、今後もCTimeで気になることがあれば取材をしていこうと思います。